視力回復:視力回復研究ブログ

スポンサードリンク



スポンサードリンク

視力矯正

視力が低下したら,日常生活にいろいろな支障をきたすことになります。
例えば,車の運転などをする人であれば,視力が低下してしまうと,
そのままの裸眼では運転する許可がおりないことになります。
そんなときにまずすること,それが視力矯正です。

視力矯正と聞くとなんだかたいそうなことを思い浮かべるかもしれませんが,
身近な視力矯正の方法に,眼鏡やコンタクトレンズなどが挙げられます。

一番,視力矯正をするのに簡単なのは,やはり眼鏡を使用することだといえます。
コンタクトレンズを使用した視力矯正では,
コンタクトレンズというものを入れる練習などをしなければならない事や,
コンタクトレンズを使った視力矯正では,頻繁に
コンタクトレンズをつけたりはずしたりということが,簡単に出来ないというハンデがあります。
しかし,眼鏡を使用する視力矯正であれば,
視力矯正が必要な場面では眼鏡をかけていれば良いし,
視力矯正が必要のない場面では眼鏡を外す,それだけで簡単に視力矯正ができるので,
手軽に視力矯正をしたいのであれば,眼鏡を使った視力矯正がおすすめです。

また,昔であれば,視力矯正として眼鏡をかけていることは,とてもお洒落とはいえないものでした。
しかし,今は視力矯正としてはもちろん,ファッションの一部として眼鏡を使用する人が
とても増えたこともあり,いろいろなスタイルの眼鏡の中から自分の気にいったデザインの
眼鏡を選ぶたのしみなどもあります。
眼鏡を視力矯正の道具として使用する上でのメリットは,なんといっても手軽である事です。
また,お洒落としても楽しめるので,特に女性などに人気です。

では,眼鏡を視力矯正として使うデメリットはどのようなことでしょうか。
眼鏡の種類によっては,とても視野が狭くなってしまうことが挙げられます。
また,スポーツなどをするときには,眼鏡の視力矯正の場合は危険であったり,
場合によっては外すことが必要となるので,不利となります。
また,眼鏡は曇ることがあるのでそういった面で面倒くさいかもしれません。

一方,コンタクトレンズを使用する視力矯正もとても人気の視力矯正方法です。
やはり眼鏡をかけるということに抵抗のある人や,激しいスポーツをする人などには
このコンタクトレンズの視力矯正をおすすめします。
最近では,一日ごとに使いすてのコンタクトレンズなどもあるので,
そのコンタクトレンズの使用用途や使用時間などに応じて,
いろいろ使い分けるのが賢いかもしれません。

posted by 1hijinshi at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復

メガネについて

コンタクトレンズが主流になっている現在、
メガネの人口は以前より随分と減りましたが

「目の中に直接入れるのは怖い」
「アフターケアーがめんどくさい」などの理由で

メガネを重宝する方もこれまた多いです。


しかし、コンタクトレンズと同様に一度メガネを使用してしまうと、

一生掛け続ける覚悟はして下さい。
本来、ピントを調整する水晶体がメガネによって働きを失い、
どんどんと視力は落ちてきてしまいます。


統計で、大体1年間で視力の変化が起こります。

結果1年に1つはメガネを新調し直さないといけません。


20歳から70歳までメガネを使用し続けると、

約50万円〜100万円のお金がかかってしまいます。
posted by 1hijinshi at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復

コンタクトレンズの危険性

コンタクトレンズを使用して次の様な事はありませんか?
■性能以上に長時間装用している。
■寝るときに、外さない。
■十分な洗浄をしていない。


■定期健診を受けていない。

■レンズに、傷などがあっても、使い続けている。
■正しい使用方法をしっかり把握していない。
上記のような事を続けていると、
下記の様な病気が起こってしまいます。


*アレルギー性結膜炎・巨大乳頭性結膜

コンタクトレンズによる眼障害の1番多い眼障害です。
まぶたの裏側が荒れ、コンタクトレンズによる
機械的な刺激や汚れに対しての
アレルギー反応によって起こる症状です。
 
*角膜上皮びらん
コンタクトレンズの長時間装用や
レンズの機械的刺激により起こる眼障害です。
角膜の最表面部分の細胞が脱落します。
症状が悪くなると合併症を引き起こし失明の恐れもあります。
 
*点状表層角膜症
角膜表面についた細かい点状の傷で、
角膜表面の細胞が部分的に脱落している状態です。
原因はレンズの汚れ、ドライアイ、ケア用品に対する反応など
さまざまです。


ひどくなると異物感や充血などの症状があります。

軽度のときには自覚症状がないので、
眼科医の定期健診は必須です。
 
*角膜潰瘍
更に傷が深くなり、
角膜表面の細胞が深いところまで脱落している状態です。


放置すると失明する危険性があります。


治療しても角膜が濁ってしまい、

視力が低下してしまう可能性もあります。
 
*角膜血管新生
夜寝るときも装用するなど長時間使用することにより、
酸素が不足し、角膜内に血管が進入します。


もともと角膜には血管はありません。

しかし血管が生まれることにより
酸素を補おうとしてしまいます。
 
*角膜内皮障害
角膜内皮細胞は角膜の透明性を保つ働きがあります。
しかし連続装用などにより長時間しようすると同じく酸素が不足し、
透明性を保つ内皮細胞が減ってしまいます。
 
*アカウントアメーバ角膜炎
コンタクトレンズに付着したアメーバが角膜に侵入する病気です。
治療してもなかなか治りにくく、
治癒しても角膜が白く濁ってしまい
視力が大幅に低下してしまいます。
posted by 1hijinshi at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復

乱視はどうして改善できるの?

近視・遠視でも出てきました「毛様体」がやはり乱視のポイントです。


乱視の所で説明しましたが、水晶体の形がイビツになって、角膜に歪みが

起きてしまうので、乱視になってしまうと説明させて頂きましたが、
これも「毛様体」だけの問題と言っても過言ではありません。
 
例えて言うなれば、水晶体は「人間の体」みたいなものです。
運動をしていた時期、私などは若い頃陸上をやっていました。
スポーツ選手にとって「体の柔軟性」はとても大事でしたので、
毎日ストレッチで体を柔らかくしていました。
しかし、運動を止めてしまった途端、
体が硬くなり以前は前かがみで足を伸ばした状態で
手のひらが地面に付いたのですが、
今では地面よりも20センチも離れた
所までしか曲げられなくなってしまいました。


要するに、体が硬くなってしまったのです。

 
これと、乱視はとても似ています。


全身のストレッチ=毛様体を使った水晶体を動かす動作

ストレッチをしなくなり、
体が硬くなる=毛様体を動かさなくなり水晶体が硬くなり、
変形したまま硬直してしまう。
これと同じです。


上記の事から毛様体を動かしてあげる事によって、

水晶体が柔軟になり
角膜の歪みが無くなり乱視が改善すると言う事になります。
posted by 1hijinshi at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復

視力低下 原因

最近,ますます視力が低下している人が多くなっているそうです。
何故,視力は低下するのでしょう。
視力低下の原因とはどのようなことが挙げられるでしょう。

視力低下の原因のひとつとして,挙げられるのが眼精疲労です。
近くにあるものをじっと見続けることや,テレビを長時間見るなどすると,
この眼精疲労が起こってしまい,そのことが視力低下の原因となってしまうのです。
また,ゲームなどを長時間やることも,視力低下の原因です。
最近では,ポータブルのゲーム機がとても人気となっていますが,
このことも視力低下の原因のひとつです。

今や,携帯電話でもゲームができるようになっています。
さらにポータブルのゲーム機も加わって,いつでもどこでもゲームをやる子供や大人が増えました。
この事により,動いている電車の車内などでもゲームをすることにより,
さらに眼精疲労をすすませてしまうことになります。
そして,この事が視力低下の原因となるのです。

仕事などでパソコンを長時間使う人が増えたことも,視力低下の原因のひとつです。
パソコンの作業などは,まばたきの回数を極端に減らすことがわかっています。
その事により,目が乾くドライアイなどの症状をひきおこし,
これも視力低下の原因となります。

この眼精疲労とは,眼を動かす筋肉が緊張してしまうことです。
この眼筋が過度に緊張すると視力低下の原因になってしまうのです。

その他の視力低下の原因として考えられることは,
寝転んで本を読むなどの行為が挙げられます。
寝転んで本などを読むと,左目と右目の対象の位置が変わってくることになります。
そのことが,左右の視力に違いをつけるのです。
さらに,この左右の視力の違いが酷くなってしまった場合,
どうしても片方の眼ばかりを酷使してしまう要因になります。
このことも,視力低下の原因となります。

また,視力低下の原因として,
視力が低下しているにも関わらず視力の矯正などを行わずに放っておくということも考えられます。
視力が低下していると,ものがみえにくいので目を細めて遠くを見たりしてしまうことがよくあります。
実はこの目を細めて遠くを見るという行為が視力低下の原因にも繋がるのです。
このため,視力が低下していると思ったら,できるだけ早めに眼鏡やコンタクトレンズなどの,
なんらかの視力矯正の措置をとったほうが目には良いでしょう。

また,視力低下の原因が,なんらかの目の疾患の前触れであることもよくあります。
極端な視力低下がわかった場合,一度医師の診察を受けるとよいでしょう。

posted by 1hijinshi at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復

目が見える仕組み

まず、目には重要な筋肉が3つあります。


カメラのレンズの役割を果す「水晶体」

レンズ(水晶体)調整の働きをする「毛様体」
眼球を左右・上下に移動させる「眼球移動筋」です。


視力低下【近視・遠視・乱視・老眼】には

「眼球移動筋」や「水晶体」はあまり関係ありません。


あなたは、

小さい頃虫眼鏡を太陽にかざして、
黒い紙などを燃やした経験は
ありませんか?


目で遠くを見ることと

近くを見ることに共通する事があります。


虫眼鏡で光を集めると

黒い紙に映る光は小さくなります、
すると熱が集中して紙が燃えるようになります。
これはレンズが光を絞って近くに集中している事
つまり、目に例えると「近くを見る・見られる」という事になります。


また逆に光を拡散させると熱はそれ程集まりませんが、

黒い紙にはより広範囲に光が当たります。
光を拡散させる事
つまり「遠くを見る・見られる」という事になります。


もっと分かりやすく説明すると

カメラのレンズを絞る(水晶体を絞る・小さくする)と
近くにピントが合います。
レンズを広げる(水晶体を広げる・大きくする)と
遠くが綺麗に写ります。
そのレンズ=水晶体でレンズを絞る役割を果している手が毛様体です。
(一眼レフなどはピント合わせで手でレンズを調整します。)
 
極端な話、視力の低下はこのレンズを調整する「手(毛様体)」のみが
機能を失っている(運動不足でサボっている)という事だけなのです。


極論で申し上げると、

この毛様体を鍛え、
本来の動きを取り戻してあげれば良いだけなのです。
 
本来の毛様体の動きを取り戻す
今まで事務仕事などで座りっぱなしで運動をせず、
動きが鈍ってしまった足腰を鍛え、
動きをスムーズにするだけこの事だけなのです!!
 
良く私への質問などで多いのが
「視力低下は病気なのでしょうか?」
という質問が多いのですが
断言いたします。
「視力低下は上記のことから、目の運動不足」
だけなのです。
 
目の事だけでお話をすると、
本来近くを見る時には毛様体によって水晶体が小さく
縮まなければならないのに、
小さくならなくなってしまうのが「近視」


遠くを見る時、

毛様体によって水晶体が広がらなくてはならないのに広がらないのが
「遠視」です。


上記の事から考えて、視力回復は確実に可能なのです。

posted by 1hijinshi at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復

老眼について

遠視と老眼は、どちらも凸レンズの眼鏡を使用するので、
混同される方がとても多くいます。


しかし、遠視と老眼では原因も見え方も異なります。


遠視は遠いところを見るときの屈折異常であるのに対し、

老眼は老化による調節異常で
近いところを見るときだけの問題になります。


老眼は40歳前後から始まる誰もがなる目の老化です。

人は近くを見るときに水晶体を厚くしてピントを合わせます。
人は加齢により水晶体が固くなります。


そして水晶体を支える毛様体の収縮力も衰えます。


そのため、水晶体の調節力が弱まった結果、

近いところを見る際に水晶体が厚くならずピントが合わなくなります。
この症状を老眼といいます。


老眼と遠視の違いは、遠視は遠くも近くも見えず、

老眼は近くのものが見えず遠くは普通に見えます。
posted by 1hijinshi at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復

乱視について

乱視は何故起こるのかと言いますと、
レンズの形が歪む事によって引き起こされます。


角膜は正常であれば丸い形をしていますが、

乱視の人はこれがイビツな形をしています。

●倒乱視
これは、角膜が縦に長くなっている状態。

●直乱視
角膜が横長になっている状態

●斜乱視
角膜が斜めになっている状態


さらに、角膜の表面がでこぼこになっている状態を

不正乱視といいます。


これらの乱視の種類は、

放射線状の線がどの線が太くなっているかによって
調べる事ができます。


◆横の線が濃く見えれば直乱視

◆縦の線が濃く見えれば倒乱視
という事になります。


どちらにしろ、乱視があると、目はとても疲れやすくなります。


乱視は近視や遠視など、他の視力低下を併発している場合が多く

お互いに関与しあっている場合が殆どです。


乱視を良くすれば

近視・遠視が良くなるといっても過言ではありません。


逆に、近視・遠視を矯正すれば乱視も自然に回復してきます。

posted by 1hijinshi at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復

遠視について

近視は網膜の手前でピントが合ってしまうというものでしたが、
遠視はその逆でレンズ(角膜・水晶体)の屈折力が弱いか、
角膜から網膜までの軸長が短いために
ピントの位置が網膜の後ろで合ってしまう状態のことを言います。
 
遠くを見ていて平行に入ってくる光のピントが
網膜の奥で合ってしまうわけなので、
近くを見ていて広がりながら入ってくる光は
さらにぼやけてしまいます。
 
近視と異なり、
近づけば近づくほどぼやけ方がひどくなります。
posted by 1hijinshi at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復

近視について

近視には大きく分けて2つのパターンがあります。


ひとつは、「屈折性近視」といい、

光の屈折を調整している角膜・水晶体の屈折力が
強いために網膜の手前で焦点が合ってしまい、
ピントが合わなくなる状態です。


近視の人の多くは屈折性近視といわれています。

 
そのほとんどは、テレビやゲーム
勉強など近くを見る作業を続けた結果、
遠くを見るときに
収縮しなければならない
毛様体の筋肉が衰えてしまい、
水晶体が薄くならなくなったことによる
後天的な要因で起こります。
 
もうひとつは、「軸性近視」といい、
角膜から網膜までの眼軸長が長いためにやはり
網膜の手前で焦点を結び、
ピントが合わなくなる状態です。
 
通常の眼軸は25ミリくらいですが、
2〜3ミリくらい伸びている人がいます。ほとんど
が遺伝的な要因が多いようです。
 
多くの場合は、この2つの要素を併せ持つ場合が多いようです。
近視は通常20代前半で進行が止まります。
しかし、最近はパソコンなどの普及により
成人以降も近視が進むことがあることが報告されています。
posted by 1hijinshi at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復

目が悪くなってしまう理由

原因として
1・・パソコンのやりすぎ
2・・小型ゲームのやりすぎ
3・・暗いところでの目の酷使
4・・目の使い方・休ませ方が間違えている
色々原因があると思いますが、
一番の原因は「取り巻く生活環境の変化」が大きな要因です。
私が若い頃、
小学生でメガネを掛けている子供はとても少なかったです。
メガネを掛けている学生を見ると、からかったものです。


それほどメガネが珍しかったのです。

しかし、今では小学生でも4人に1人は視力が1.0を切っています。


パソコンやゲームなど、

目を酷使する要因が増えたのと、
交通の便がとても良くなり、
視力の低下と体力の衰えは実は根本で繋がっています。


眼精疲労や視力低下は、

近くの画面ばかりをじっと注視している生活からくる
「一種の生活習慣病」なのです。
あなたの周りを見渡して下さい。
仕事に行けば、
一日中パソコンとにらめっこして家に帰ったらテレビを見て。
忙しければ忙しいほどどんどん目は悪くなっていきます。


よく、アフリカの人たちは視力が驚くほど良い!!

というのを聞いたことがありませんか?


それは本当の話で、太陽が沈んだら寝て・昇ったら起きる、

また彼らは獣を食料にしたり、
また猛獣にいつ襲われるかもしれない生活をしています。
目が悪いことは彼らにとって
「死活問題」になってしまいます。


また、パソコンやゲームなど、

目を悪くするものが殆ど存在しません。
命をつなぐ為・命を守る為に彼らの目は衰えを知りません。
生活の環境の違いでこれ程まで視力の違いが出てきます。
4.0以上の視力の持ち主なんて沢山います。


例えば立ちっぱなしの仕事をしている人は

腰が悪くなってしまいます。
マッサージ師などは、
指など腱鞘炎などで悪くしてしまいます。
それと同じで、目を沢山使用する仕事をしている人は、
目を悪くしてしまいます。


目には視力をつかさどる大切な筋肉がいくつかあります。

それらが自由自在になめらかに収縮していれば、
視力は良い状態で保たれるのですが、
一定の動きしかしないと筋肉が硬くなってうまく伸縮しないと
さまざまな目の異常や視力低下がおこります。
視力低下は、簡単に言ってしまえば
目の運動不足なのです。


逆に目に適度な運動を与えてあげると

今まで凝り固まっていた筋肉が柔らかくなり
目の異常・疲れがとれ、結果視力も回復致します。


 

posted by 1hijinshi at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復



理学博士が伝える2週間で視力が回復する方法!アイファンタスティック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。