視力回復:視力回復研究ブログ

スポンサードリンク



スポンサードリンク

【 PM11:55 値上げになります。】




【 PM11:55 値上げになります。】

もしかして、あなたたは
目が悪くなる原因をこう思っていませんか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
▼パソコン、テレビの見すぎ

▼本や雑誌などの見すぎ


もし、こんな風に思っているのであれば、それは大きな勘違いです!


実は、眼の使いすぎで視力が低下するということは
基本的にはありません。


「えっ!違うんですか・・?」

はい。違います。
本当の視力低下の原因として考えられるものは以下の2つとなります。

▲運動不測による眼筋(眼球を動かす目の筋肉のこと)の衰え

▲ストレスによる眼球の血行不良


もっと言葉を砕いて、簡単にお伝えすると・・

「目の使いすぎで悪くなるのではなく、
       使ってないから視力が低下していくのです。」


視力というのは、“ある方法”さえ知ってしまえば、
~~~~~~~~~~
自分で簡単に回復させられるものなのです。


しかも、14日間という短い期間で・・・


なぜ、ここまで断言できるのかというと、

この方法でこれまでに数千人以上が

ハッキリと視力を回復させているからです。



では、いったい“ある方法”とは何なのでしょうか?
~~~~~~~~~~


それを今回、特別にあなたにお伝えします。

⇒ http://a.1exile.com/9up/eye-amity.html



.
posted by 1hijinshi at 11:08 | 視力回復

【0.02】→【0.9】




信じられないかもしれませんが、

14日前まで視力が【0.02】だった女性が、
今や【0.9】まで回復しています。

しかも、手術を一切しないで・・・


その女性が、井上さん(21)です。

⇒ http://a.1exile.com/9up/eye-amity.html



実は、一切お金をかくなくとも!
レーシックをしなくとも!

視力を回復させる方法があるのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この視力回復法は、口コミでどんどん広がり

今では数千人以上が視力を回復することに成功しています。




「視力を回復させたい・・・でも、レーシック手術はしたくない!」

「目が悪いのは遺伝だからしょうがない・・・」



でも実はこれ、大きな間違いなんです。


もしかして、あなたたは
目が悪くなる原因をこう思っていませんか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
▼パソコン、テレビの見すぎ

▼本や雑誌などの見すぎ


もし、こんな風に思っているのであれば、それは大きな勘違いです!


実は、眼の使いすぎで視力が低下するということは
基本的にはありません。


「えっ!違うんですか・・?」

はい。違います。
本当の視力低下の原因として考えられるものは以下の2つとなります。

▲運動不測による眼筋(眼球を動かす目の筋肉のこと)の衰え

▲ストレスによる眼球の血行不良


もっと言葉を砕いて、簡単にお伝えすると・・

「目の使いすぎで悪くなるのではなく、
       使ってないから視力が低下していくのです。」


視力というのは、“ある方法”さえ知ってしまえば、
~~~~~~~~~~
自分で簡単に回復させられるものなのです。


しかも、14日間という短い期間で・・・


なぜ、ここまで断言できるのかというと、

この方法でこれまでに数千人以上が

ハッキリと視力を回復させているからです。



では、いったい“ある方法”とは何なのでしょうか?
~~~~~~~~~~


それを今回、特別にあなたにお伝えします。

⇒ http://a.1exile.com/9up/eye-amity.html





posted by 1hijinshi at 09:50 | 視力回復

遺伝と環境

近視の原因ははっきりしておらず様々な説が出されています。

有力なものに遺伝説と環境説がありますが、
全ての近視の原因を遺伝だけ、
あるいは環境だけで説明しようとすると無理が出るので、
遺伝と環境が複雑に絡み合って近視が発生するのだろう
とされています。

近視の遺伝率は89%と高率で、
近年の研究で関連する遺伝子も特定されてきました。

双生児の研究ではPAX6遺伝子の欠陥が近視と関連しているように
おもわれます。

遺伝説では、
何歳のときに近視になり始め、何歳までにどこまで進行するかが
生まれつき決まっていると考えられています。

近視は通常8歳から12歳までの間に発現し、
殆どの場合青年期を通じて徐々に進行し、
成人になると頭打ちになります。


全ての近視を遺伝だけで説明することは難しいけれど、
長時間勉強や読書をする人に近視が多いというのは
多くの人が感じる傾向です。

遺伝だけで説明しようとすれば、この傾向は、
近視の人のほうが近くを楽に見られるために勉強や読書が長続き
しやすい傾向から来るのだということになります。

近くを見る際に近視用眼鏡を外せば楽に見られるし、
たとえ眼鏡をかけたままでも、潜在的な遠視者よりは
楽に見られるというわけです。

posted by 1hijinshi at 18:58 | 視力回復

【 あれ?【目】がハッキリと見えるよ! 】




信じられないかもしれませんが、

14日前まで視力が【0.02】だった女性が、
今や【0.9】まで回復しています。

しかも、手術を一切しないで・・・


その女性が、井上さん(21)です。

⇒ http://a.1exile.com/9up/eye-amity.html



実は、一切お金をかくなくとも!
レーシックをしなくとも!

視力を回復させる方法があるのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この視力回復法は、口コミでどんどん広がり

今では数千人以上が視力を回復することに成功しています。




「視力を回復させたい・・・でも、レーシック手術はしたくない!」

「目が悪いのは遺伝だからしょうがない・・・」



でも実はこれ、大きな間違いなんです。


もしかして、あなたたは
目が悪くなる原因をこう思っていませんか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
▼パソコン、テレビの見すぎ

▼本や雑誌などの見すぎ


もし、こんな風に思っているのであれば、それは大きな勘違いです!


実は、眼の使いすぎで視力が低下するということは
基本的にはありません。


「えっ!違うんですか・・?」

はい。違います。
本当の視力低下の原因として考えられるものは以下の2つとなります。

▲運動不測による眼筋(眼球を動かす目の筋肉のこと)の衰え

▲ストレスによる眼球の血行不良


もっと言葉を砕いて、簡単にお伝えすると・・

「目の使いすぎで悪くなるのではなく、
       使ってないから視力が低下していくのです。」


視力というのは、“ある方法”さえ知ってしまえば、
~~~~~~~~~~
自分で簡単に回復させられるものなのです。


しかも、14日間という短い期間で・・・


なぜ、ここまで断言できるのかというと、

この方法でこれまでに数千人以上が

ハッキリと視力を回復させているからです。



では、いったい“ある方法”とは何なのでしょうか?
~~~~~~~~~~


それを今回、特別にあなたにお伝えします。

⇒ http://a.1exile.com/9up/eye-amity.html







posted by 1hijinshi at 21:28 | 視力回復

近視レーザー手術のメリットとデメリット



メリットとデメリットをよく理解してから、
近視のレーザー手術を受けるべきでしょう。

コンタクトレンズや眼鏡を使わずとも
日常生活を支障なく送ることができることが、
近視レーザー手術を受ける最大の魅力です。

コンタクトレンズは維持にお金がかかるものですし、
コンタクトも眼鏡もそれなりに値段の張る買い物ですが、近視レーザー手術を受ければ視力矯正具は使わなくなります。


手術中の痛みはほとんど感じることはありませんし、
ごく短い時間で終わらせることができます。
近視レーザー手術は、ほぼ失敗するということはなく
合併症の心配もありません。

半永久的に近視を直したい時には、
近視レーザー手術はうってつけといえます。


近視レーザー手術には、反対にデメリットもあります。

近視レーザー手術は
病気や目の状態によっては手術を受けられない人がいます。
また、どんな人でも一様に効果が出るわけではありません。

目に対する外科手術なので、
失明とまではいかなくとも、執刀医や病院の選び方を間違うと
万が一でもうまくいかないこともありえます。

また、近視レーザー手術は
広まりはじめてからまだ時間が経っていないので、
術後長時間経過するとどうなるかがはっきりしていません。

近視レーザーによる手術は費用が高いのもデメリットで、
保険が利きませんので、平均して10万円前後から50万円ほど
かかることもあるようです。

近視レーザー手術には
さまざまなメリット・デメリットがありますので、
よく比較検討して本当に自分にこの手術が必要なのか
判断する必要があるでしょう。

posted by 1hijinshi at 19:47 | 視力回復

近視レーザー手術の方法



レーシック手術と
PRK手術という方法が、
近視レーザー手術では用いられています。

レーシック手術では、
マイクロケラトームというとても精密な装置で
角膜の表面にフラップというフタを作るところから始めます。

手術では、角膜のフラップを裏返してから
レーザーを使って正確に削ります。
像が正確に結ぶように処置してから、
フラップを戻せば手術終了です。

レーシック手術は入院の必要がなく、
点眼麻酔のみで行うので体に負担がかからない手術です。
視力は術後間もなく回復するので、職場や学校には翌日から行けます。

手術にかかる時間は片目につき10分程度とごく短時間です。
レーシック手術の場合、両目を同時に手術をすることもできるのです。
出血もほとんどなく、あまり痛みを感じないことも
レーシック手術のメリットです。

レーシックの手術後に少ししみるような感じにはなりますが、
翌日には目が多少ごろごろする程度です。


フラップを作らず、
エキシマレーザーで直接角膜を削る方法がPRK手術です。
レーシック手術と並ぶ近視レーザー手術です。

PRK手術は、手術中の合併症が比較的少ないのが特徴ですが、
PRK手術後の視力が安定するまでには1週間程度かかります。

近視レーザー手術によって
裸眼で1.0前後の視力にまで回復することが期待できます。
ただし、元々の視力や乱視の度合いによって個人差があります。

手術をする医師と納得いくまで相談し、
レーシック手術を受けると自分の場合はどの程度の回復が見込めるか等
相談しましょう。

posted by 1hijinshi at 10:57 | 視力回復

近視レーザー手術とは



近視のレーザー手術は
最近有名人やスポーツ選手が受けて有名になりましたが、
手術そのものの認知度はまだ低く、不安を感じる人も多いでしょう。

どういう仕組みで近視のレーザー手術を行っているのでしょう。

近視レーザー手術とは医療用レーザーを用いた角膜手術のことで、
角膜を安全に薄く削り取って角膜形状を変化させます。
この手術では、視力を回復させるために角膜を削って形状を変化させ、
角膜に入る光の屈折率を正しく調整します。

視力そのものを回復させるのがこの近視レーザー手術ですので、
成功すればメガネやコンタクトが必要なくなります。

術後すぐに効果が出るので、
近視の回復の実感は手術当日から得ることができます。

近視レーザー手術には多少の手術費がかかりますが、
裸眼で過ごせるようになるというメリットを考えると
手術を受ける意義はあるでしょう。

手術を受ける時は、アフターフォローや保証がしっかりしている
専門の病院を選びましょう。

近視のレーザー手術は入院する必要はありませんが、
大事な手術です。

レアケースですが、
角膜の状態が近視レーザー手術を受ける前に戻ってしまう
こともあるようです。

手術を受ける前の情報収集も大事です。

インターネットなどで
近視レーザー手術についてよく知っておきましょう。

現在の近視レーザー手術は安全性も高く、
成功率もかなりのものです。

近視レーザー手術は、
近視を直す方法として選択肢に考えても問題ないものとなっています。

posted by 1hijinshi at 18:41 | 視力回復

近視レーザー手術の方法



近視レーザー手術には
次の方法があります。

レーシック手術とPRK手術です。

角膜のフラップ(ふた)を作るのが、
レーシック手術です。

マイクロケラトームと呼ばれる精密な装置で
このフラップを作る方法です。
そしてそのフラップを裏返した後で露出した角膜を
エキシマレーザーというレーザーで正確に削り、
再びフラップを元に戻して終了です。

近視レーザー手術のレーシックの場合、
麻酔は点眼麻酔のみで、入院の必要もなく
手術終了後にすぐに帰宅できます。

そのうえ視力は次の日から回復しますので、
すぐ仕事や学校に復帰できるでしょう。

またレーシックでは両目同時に手術することも可能で、
レーシック近視手術の時間は片目が10分程度と短いものです。

レーシックによる近視の手術中の痛みは、
ほとんど感じることはなく、出血もありません。

手術の後は、しみるような感じになるようです。
ですが翌日には多少目がごろごろする程度にまで回復します。


PRK手術はフラップを作成せずに、
エキシマレーザーを角膜表面に照射する
視力回復手術の方法です。

PRK手術は、
近視手術中の合併症が比較的少ないのが特徴ですが、
PRK手術後の視力が安定するまでには1週間程度かかります。

術後の視力回復の程度は個人差があり、
近視や乱視の度合いによっても違ってきますが、
90%の人がメガネなどをかけずに1・0前後の視力を期待することが
できるでしょう。

まずは医師とよく相談して
視力回復手術を受けるかどうか決めたほうがよいでしょう。

posted by 1hijinshi at 15:20 | 視力回復

近視レーザー手術とは

多くの芸能人や有名人が受けたことで
メジャーになっている近視の手術方法があります。
それが近視のレーザー手術です。

とはいっても目の手術にはまだまだ不安がある人も多いでしょう。
具体的にどのようなものが近視レーザー手術なのか説明します。

近視レーザー手術とは
角膜手術を医療用レーザーを用いて行うものです。

角膜を安全に薄く削り取って角膜形状を変化させて、
目に入ってきた光の屈折率を矯正して屈折異常を正常にする
視力回復のためのレーザー手術です。

視力そのものを回復させるのがこの近視レーザー手術ですので、
成功すればメガネやコンタクトが必要なくなります。

また手術の当日から
近視レーザー手術での視力の回復を実感できるのが良いところです。

近視レーザー手術をすれば再び裸眼で生活できるようになります。
それを考えると、多少の投資をしても良いと思う人もいるのではないでしょうか。

手術の際に入院の必要はありませんが、
手術後のフォローや保証がしっかりしているところを選ぶことが
近視レーザー手術には大切です。

また近視レーザー手術は専門の病院で受けることになります。
角膜が時間とともに元に戻ってしまうことがあるので、
近視レーザー手術のアフターフォローは大切なのです。

今では技術も向上し、成功率もかなり高く安全なのが
この近視レーザー手術です。

視力矯正の選択肢のひとつに、
思い切って近視レーザー手術を受けてみることも
考えられるのではないでしょうか。

近視レーザー手術


近視レーザー手術ガイドブック(2008年版)



posted by 1hijinshi at 20:11 | 視力回復

近視レーザー手術とは

多くの芸能人や有名人が受けたことで
メジャーになっている近視の手術方法があります。
それが近視のレーザー手術です。

とはいっても目の手術にはまだまだ不安がある人も多いでしょう。
具体的にどのようなものが近視レーザー手術なのか説明します。

近視レーザー手術とは
角膜手術を医療用レーザーを用いて行うものです。

角膜を安全に薄く削り取って角膜形状を変化させて、
目に入ってきた光の屈折率を矯正して屈折異常を正常にする
視力回復のためのレーザー手術です。

視力そのものを回復させるのがこの近視レーザー手術ですので、
成功すればメガネやコンタクトが必要なくなります。

また手術の当日から
近視レーザー手術での視力の回復を実感できるのが良いところです。

近視レーザー手術をすれば再び裸眼で生活できるようになります。
それを考えると、多少の投資をしても良いと思う人もいるのではないでしょうか。

手術の際に入院の必要はありませんが、
手術後のフォローや保証がしっかりしているところを選ぶことが
近視レーザー手術には大切です。

また近視レーザー手術は専門の病院で受けることになります。
角膜が時間とともに元に戻ってしまうことがあるので、
近視レーザー手術のアフターフォローは大切なのです。

今では技術も向上し、成功率もかなり高く安全なのが
この近視レーザー手術です。

視力矯正の選択肢のひとつに、
思い切って近視レーザー手術を受けてみることも
考えられるのではないでしょうか。

近視レーザー手術


近視レーザー手術ガイドブック(2008年版)



posted by 1hijinshi at 20:06 | 視力回復

小型軽量タイプの視力回復器具





視力を回復させるための器具には

実にいろいろなタイプのものがあります。



繰り返し使用する、視力回復のための器具、

それがトレーニングタイプの視力回復器具です。



そして今非常にコンパクトな

トレーニングタイプの視力回復があります。



モーター内臓タイプの本格的な視力回復器具が、

小型軽量化されたものなのです。



遠近凝視法と拡散訓練は視力回復に大変有効です。

この視力回復訓練光学器具はこの訓練が同時に行えます。

これはプリズムレンズと光学レンズを組み合わせたもので、

非常に精度の高いレンズです。



視力回復訓練が手軽に家庭や職場でも行えるように、

小型軽量化された視力回復器具なのです。



全部で8枚のレンズを使っているのが

この小型軽量タイプの視力回復器具です。

光学レンズ、プリズムレンズが左右4枚ずつになっているのです。



裸眼視力が0.1以下から0.8までに有効です。

この範囲の視力回復に役立つようです。



双眼鏡のような形状の小形軽量タイプの視力回復器具は、

重さが350グラムと持ち運びはとても簡単です。



小型軽量タイプの視力回復器具でテレビや絵画等を眺めます。

すると見ているものがピントが合った状態から少しずつぼやけたり、

ズームアップから縮小されたりします。

自動的に一定のサイクルで様々に変化するのです。



自動のサイクルにより4つの

視力回復トレーニングを一度に行います。



それは雲霧法、、遠近体操法、、遠方凝視法、開散訓練法の4つです。




posted by 1hijinshi at 19:11 | 視力回復

トレーニングタイプの視力回復器具

視力回復に役立つ器具に

トレーニングタイプの視力回復器具があります。



1日に数回その器具を覗くことで視力回復の効果が得られるのが、

トレーニングタイプの視力回復器具です。



トレーニングタイプの視力回復器具のしくみは、

人間の視覚生理機能と光学の図像原理を利用しています。



この器具の中にカラー写真が設置されていて、

この写真のターゲットを遠近距離で連続移動させます。

このターゲットの動きを患者の眼が追うことで、調筋肌が科学的に鍛えられます。

これにより水晶体の調節機能が高まり、視力回復の効果が得られるのです。

これがトレーニングタイプの視力回復器具です。



またこれは強制的に一時的な効果をもたらす器具ではありません。

通常の視力回復器具のように眼球やツボに刺激を与えるものではないのです。

訓練を重ねることにより、自然に視力を回復させるのが、

トレーニングタイプの視力回復器具の特長です。



毎日朝夕に5分程度、

左右の目で交互にトレーニングタイプの視力回復器具を覗きます。

そうすると仮性近視であれば2週間程度でかなりの視力回復が見られるそうです。



外的要因で再び近視になることや、一時的に視力が低下することはありますが、

回復した視力が自然に元の近視に戻ってしまうことはありません。

視力が落ちてきたと感じたら、

すぐに訓練をすれば短期間で視力を回復させることができるのが、

このトレーニングタイプの視力回復器具なのです。



コンピューターなどを普段使用している人には、

この器具は目の疲労回復のために最適なものだといえます。


posted by 1hijinshi at 18:30 | 視力回復

マッサージタイプの視力回復器具

視力を回復させるための
マッサージタイプの器具があることを知っていますか。

視力回復のための器具には、さまざまなタイプのものがあります。
それぞれ視力を回復させるポイントは独自に開発されているようです。

そのひとつがマッサージタイプの視力回復器具で、
目の筋肉をマッサージして視力回復をはかるというものです。
厚生労働省の認可を受けている視力回復治療器具で、
超音波によって目の毛様体筋をマッサージして、コリをほぐします。

視力回復・視力改善を血行を良くすることではかろうという視力回復器具なのです。
これは高い視力回復の効果が期待できる器具だといえます。

このマッサージ器具は手間もかかりません。
使用するのは1日1回10分程度でかまわないからです。

マッサージタイプの視力回復用超音波治療器具の
視力回復作用には最大のポイントがあります。

それは器具が発振する超音波エネルギーによる眼のマイクロマッサージです。
マイクロマッサージは毛様体筋のコリをほぐします。
そうすることで弾力を取り戻し、血行を良くしてくれます。
これが視力回復につながるのです

。疲れ目によって低下した視力を改善するのが、
マッサージタイプの視力回復器具です。
そして健康な眼に導いてくれる働きがあるのです。

手間がかからず、マッサージの力だけで視力を回復させるというのが
この視力回復器具の魅力ではないでしょうか。

posted by 1hijinshi at 07:28 | 視力回復

視力回復トレーニング

最近,視力の低下に悩む人がとても増えています。その背景には,テレビゲームなどをやり過ぎ
たり,パソコンを仕事などに使う人が増えていることがあります。
また,携帯電話を片時も離さずに,小さい画面で文字などを打つことにより,さらに視力の
低下を招いている場合もあります。
そんな視力低下ですが,その視力を回復するトレーニング,「視力回復トレーニング」という
ものがあります。
視力回復トレーニングとは一体どのようなことをするトレーニングなのでしょうか。
また,視力回復トレーニングをどれくらいすれば,どれくらい視力が回復するようになるの
でしょうか。

視力回復トレーニングにも色々なものがありますが,とても有名なのが,「遠方凝視訓練」
と呼ばれる視力回復トレーニングです。
この「遠方凝視訓練」という視力回復トレーニングは,名前の通り,遠方を凝視することに
よって,近視の人の水晶体の状態を正常にしていこうというトレーニングです。
この視力回復トレーニングは,どのように行うのでしょうか。

この「遠方凝視訓練」の視力回復トレーニングのやりかたは,とても簡単です。
一度,近くを見ます。そして,今度は素早く遠方に視点を移して,遠方を凝視するように
します。これだけで,視力回復トレーニングになるのです。
この視力回復トレーニングをくり返して行うことにより,衰えていた毛様筋を鍛えることが
でき,水晶体のピントの合う範囲が広がっていくようになるそうです。

この視力回復トレーニングは,もちろん自宅でも出来ますが,視力回復トレーニングを
専門に行っている施設などもあり,そのような場所では,視力回復トレーニングに効果的な
器具などを使って,視力回復トレーニングの手伝いをしてくれます。
そのことにより,短期間の視力回復トレーニングを行うだけで,視力回復の効果を
生み出すといいます。

また,その他の視力回復トレーニングとしては,市販されている穴の開いた眼鏡を
使うことも有効とされています。
穴の開いた簡易眼鏡(アイマスクのようなもの)をつけるだけで,目の疲れがとれると
いいます。
また,開いた穴から近くや遠くを見ることにより,視力の回復につながるということです。

その他にも,視力回復トレーニングのやりかたにはいろいろな方法があるようです。
自分に合った方法での視力回復トレーニングを,きちんと毎日,決められた時間だけ
根気強くやるということが,視力回復トレーニングを成功させる方法です。

posted by 1hijinshi at 00:00 | 視力回復

視力レーザー治療

視力を回復するために,視力レーザー治療を受けるということを考えたことはありますか?
この視力レーザー治療とは,どのようなことをする治療なのでしょうか。また,このような
視力レーザー治療の視力回復の効果はどの程度期待できるものなのでしょうか。

視力レーザー治療のことを「レーシック」といいます。この「レーシック」という,
視力レーザー治療は,目のレンズに最先端のレーザーを照射する手術を行うことにより,
視力を回復させるという視力レーザー治療です。
この視力レーザー治療「レーシック」は,安全性も高く,また効果も非常に高い手術なので,
視力を回復させたいと願っている人にとても人気の視力レーザー治療です。
また,視力レーザー治療と聞くと,痛みを心配すると思いますが,かなり痛みも少ない手術と
なっています。

この視力レーザー治療「レーシック」は非常に安全性の高い手術ですが,やはり手術ですので
ある程度のリスクはあります。
視力レーザー治療「レーシック」では,いくつかの合併症が起こる可能性があります。
その合併症の中で,もっとも多いと言われている合併症が,「ハロ」とよばれる合併症です。
視力レーザー治療を受けた人のほぼ全員が,この「ハロ」を体験しているようです。
この「ハロ」は,夜間や蛍光灯の下などに居るときに,非常に光が眩しく感じるという症状の
合併症です。人によっては,光の周りがぼやけてみえることもあるといいます。
しかし,この「ハロ」は,視力レーザー治療の手術の後しばらくすれば治る合併症だと
いわれています。
また,視力レーザー治療の手術を受けるリスクとしては,角膜の表面にしわが出来てしまう
ことなどがあるそうです。

この視力レーザー治療の「レーシック」は,日帰りで手術を受けることができるので
とても手軽に視力を回復することができます。
また,視力レーザー治療「レーシック」は,あのタイガーウッズも治療を受けたことにより
急速に普及したともいわれています。
この視力レーザー治療「レーシック」の治療を受ける場合には,健康保険は適用されません。
そのため,自費での治療となってしまいます。
視力レーザー治療「レーシック」の治療にかかる費用は,大体両目で20万〜60万ほどだと
いわれています。
しかし,低下してしまうと視力の回復は難しいと言われていた視力回復を,ここまで非常に
確実にできる視力レーザー治療とは,今後も人気のある治療法だといえます。

posted by 1hijinshi at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復

レーシック 後遺症

近視の矯正手術であるLASIK(レーシック)手術は,とても安全性の高い手術とされています。
しかし,手術である以上,やはりある程度のリスクなどの覚悟は必要です。
では,レーシックの後遺症にはどのようなものがあるのでしょうか。

レーシックの後遺症としては,合併症などの発生が考えられます。
レーシックの後遺症の合併症には,何種類かの合併症がありますが,レーシックの後遺症の
合併症の中でもっとも重症のものでは,角膜移植が考えられます。
また,レーシックの後遺症の合併症で,角膜拡張症という合併症も重い部類の合併症に
あたります。

その他の,レーシックの後遺症としての合併症には,緑内障の可能性が挙げられます。
レーシックの後遺症として,眼圧が上がる可能性があるためです。
眼圧が上がるというレーシックの後遺症が残ってしまった場合には,眼圧を下げる目薬を
さすなどして,眼圧を下げることができます。

ドライアイがレーシックの後遺症としてみられる場合もあります。このレーシックの後遺症の
場合も,点眼薬でのドライアイの治療をすることができます。

その他にも,レーシックの後遺症として再手術をしなければならない場合も出てきます。
このレーシックの後遺症が出る場合は,極度の近視の患者の場合や,レーザーの照射する
部分を小さくしたときなどに起こることがあります。

夜間や蛍光灯の下での光が非常に眩しく感じるというレーシックの後遺症もあります。
このレーシックの後遺症の場合は数カ月程度で,良くなる場合がほとんどです。

稀に発生するレーシックの後遺症としては,感染や不正乱視などが挙げられます。
もし感染のレーシックの後遺症が発生したとしても点眼薬での治療が可能ですし,不正乱視の
レーシックの後遺症の場合は,たいていの場合は時間が経つとなくなることが多いです。

「偏心照射」というレーシックの後遺症が起こることもあります。これは,手術の際のレーザー
の照射が,瞳孔の中心とズレていたことにより起こるレーシックの後遺症です。
0.8mm以下のズレであれば,問題がないとされているレーシックの後遺症です。

このように,レーシックの後遺症として残ってしまう合併症はいくつかあります。
しかし,そのほとんどの合併症が,容易に治療が可能です。また,治療が困難とされている
合併症が発生する確率は本当に稀で,ほとんど発生することはないといわれています。
しかし,稀といっても発生する可能性はゼロではないので,手術を受ける前には
きちんと納得をしたうえで受けることがたいせつです。

posted by 1hijinshi at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復

レーシック 安全性

視力回復の手術に,レーシック手術というものがあります。
このレーシックの安全性は,どのようになっているのでしょうか。

レーシックの安全性ですが,
レーシック手術にはいくつかのリスクがあります。
しかしながら,手術を受ける前のカウンセリングなどでこれらのリスクについて
きちんと説明を受けて,レーシックの安全性を理解した上で手術に望むことが大切です。
レーシックの安全性については,国の安全機関によって認可が降りているということからも,
レーシックの安全性はそれほど心配するものではない,ということになります。
中でも,アメリカでのレーシックの利用率は年間200万人という多さで,そのことからも
レーシックの安全性は高いものだということがわかります。

レーシックの手術は屈折矯正手術とも呼ばれていて,
このレーシックの安全性は厚生省も認可を出しています。
もちろん,レーシックの安全性は高いとはいえ,手術となりますので,
100%絶対に安全であるということは言い切ることはできません。
しかし,数ある近視の矯正手術の中で,このレーシックの安全性は一番高いものとされていて,
初期の頃に出ていたトラブルも,現在は改善されているので,
レーシックの安全性はかなり高いと思って間違いないでしょう。

レーシックの手術では,12種類の合併症の発生する可能性があります。
しかし,これらの合併症の中でも,発生する可能性が高いものは治療もしやすいそうで,
逆に,治療しにくいものは発生する可能性もとても低いそうです。
このことからも,レーシックの安全性が極めて高いということがわかります。

レーシックの安全性が高いのはわかりましたが,
レーシック手術とは受けやすい手術なのでしょうか。

レーシック手術の手術時間は,大体両目で20分程度です。
そして,手術を受けた後は1時間ほどで,帰宅が可能です。
また,近視の人の95%の人の視力が1.0くらいまで回復することがわかっています。
レーシックの手術は,安全性が高いだけでなく,手術自体も時間が非常に短く,
日帰りも可能な手術なのです。

さらに,レーシックの手術の後,視力回復の効果がすぐに見られることも,
レーシック手術の特徴です。
早い人であれば,手術を受けた帰り道の風景が,劇的に違ってみえる,ということもあるほど,
レーシックの視力回復の効果は高いだけではなく,速効性を持つものだといえます。
このようなレーシック手術は,これからも人気のある視力回復手術となっていくでしょう。

posted by 1hijinshi at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復

レーシック

レーシックとは,視力を回復するための手術の名前です。
レーシック手術と呼ばれるこの視力回復のための手術は,レーザーを使用した視力回復手術です。
このレーシック手術についてです。

まず,なんといってもレーシックの手術の最大の特徴は,その効果性にあります。
レーシックの手術を受けた近眼の人のうち95%以上の人が,
1.0の視力に回復したという報告があります。
また,極度の近眼でない場合には,レーシック手術をうけたことにより,1.5あたりまで
視力が回復することも多々あるそうです。
さらに,レーシックの手術の視力回復の効果は,術後すぐに見ることができるそうです。
レーシックの手術の時間は20分程度ととても短いので,
日帰りでレーシックの手術を受けることが可能です。

では,レーシックの手術はだれでも受けることができるのでしょうか。

レーシックの手術を受けられない場合はあります。
例えば,眼の疾患を持っている人は
レーシックの手術をうけることが残念ながらできません。
白内障や緑内障,結膜炎などの眼の疾患がある人は,
レーシックの手術によるリスクが高くなってしまうことから,
レーシックの手術を受けることができないことになっています。

また,視力がとても不安定な人も,レーシック手術を受けることができません。
レーシックの手術は,現在の視力を矯正するものなので,視力が不安定な場合には
レーシックの手術を受けることができないのです。


また,糖尿病や肝炎などの全身の疾患を持っている人の場合も,
レーシックの手術を受けることができません。
病気を持っていることにより,手術の後の角膜の治癒能力に問題があるせいです。
ボクシングなどの格闘技の選手も,目に打撃を受ける可能性があるために,
レーシックの手術が受けられません。
また,職業によってレーシックの手術を受けられない職業もあります。

上記のような格闘技の選手はもちろん,術後の一時的な症状により,業務に支障をきたすような
バスの運転手や電車の運転手なども,レーシックの手術を受けることができないのです。
このような職業にあたる人がレーシックの手術を受けたい場合は,医師に相談の上,
医師に判断をくだしてもらうこととなりますが,基本的には
レーシック手術を受けることは認められていないことになります。

このようなレーシック手術という視力回復手術ですが,
この手術の安全性は非常に高いと言われていて,厚生省も認可を出しているので安心です。

posted by 1hijinshi at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復

視力回復サプリメント

視力回復サプリメントというものがあるのを知っているでしょうか。
これは,視力回復サプリメントを服用することにより,視力を回復させたり,眼の疲れを
取る作用があるといわれるサプリメントのことです。
この視力回復サプリメントには,どのようなものがあるのでしょうか。


パソコンを長時間使ったり,本を沢山読むなどの行為は,とても眼が疲れる行為です。
このようなことが原因で,視力が低下することはよくあります。
そんなときに視力回復サプリメントがとても便利です。
視力回復サプリメントとして,いちばん有名になった成分というのが,
「アントシアニン」という成分です。
この「アントシアニン」という成分は,視力回復サプリメントの王道とも言える
視力回復サプリメントで,ブルーベリーなどに含まれる成分が,この「アントシアニン」です。

この「アントシアニン」という視力回復サプリメントは,眼の疲れを取ったり,
ドライアイを改善したり,眼のかすみなどを改善するという作用を持つものです。
特に,この「アントシアニン」という視力回復サプリメントは,
ものを見るということに対する持久力をあげてくれる,と言われている
視力回復サプリメントです。
では,この「アントシアニン」という視力回復サプリメントは,
一日にどのくらいの量を摂取することで効果が見られるのでしょうか。

「アントシアニン」の視力回復サプリメントは,一日にブルーベリーエキスとして200mg
前後を摂取することが有効だと言われています。
生のブルーベリーに換算すると,30粒〜150粒ほどにあたります。

この「アントシアニン」以外に視力回復サプリメントとして有名なのが
「ルテイン」という成分の視力回復サプリメントです。
この「ルテイン」という視力回復サプリメントは,
紫外線や酸化などのいろいろなダメージから眼を守ってくれる
視力回復サプリメントだと言われていて,
こちらは一日に6mgほど摂取することがのぞましいとされています。

これらの視力回復サプリメントは,あくまでも薬ではなく視力回復サプリメントです。
そのため,摂取したからといって必ずしも効果が見られるというものでもなく,
また,速効性などは期待できるものではありません。
そのため,視力回復サプリメントを沢山服用したからといって,
効果が沢山出るというものでもないので,用量をきちんと守って長く続けることが,
このようなサプリメントの効果をだすうえでたいせつなことです。

posted by 1hijinshi at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復

視力回復手術

視力は,一度低下すると,なかなか視力の回復をさせるのが困難だと言われています。
視力回復のトレーニングなどもありますが,やはり一番手っ取り早いのが,視力回復手術です。
視力回復手術とは,どのような手術なのでしょうか。
視力回復手術をすることにより,どれくらい視力の回復がのぞめるのでしょうか。

視力回復手術のことを,レーシック手術といいます。
このレーシック手術という視力回復手術はどのような手術でしょう。
ひとことでいうと,レーシック手術という視力回復手術は,
レーザーを使った視力回復手術だということです。

このレーシック手術という視力回復手術は,
目のレンズに最先端のレーザーを照射することにより,目のレンズの屈折率を正常に戻し,
視力を回復させる,という視力回復手術です。

このレーシック手術という視力回復手術を受けることにより,
どのくらいの視力回復がのぞめるかですが,
レーシック視力回復手術を受けた人の95%以上の人の視力が,
1.0以上に回復するということがいわれていますので,
レーシック視力回復手術は,非常に効果の高い視力回復手術ということになります。
また,極度の近視でない人がレーシック視力回復手術を受けた場合であれば,
1.5くらいに回復することもほとんどのようです。

レーシック視力回復手術を受けると,手術の後すぐ視力の回復がわかるといいます。
完全に視力が回復するのが,大体1〜2週間後,そして,
レーシック視力回復手術の1ケ月後には視力が完全に安定するそうです。

このレーシック視力回復手術は,このように,とても効果のある視力回復手術です。
このレーシック視力回復手術の手術時間はどのくらいの長さでしょうか。

実は,このレーシック視力回復手術の手術時間は,両目でたったの20分足らずなのです。
日帰りで手術を受ける事ができ,手術後1時間ほどで様子を見て帰宅できます。
なんといっても,このレーシック視力回復手術のすごいところは,
手術後すぐに視力の回復が認められるところです。
帰り道の風景がまったく違ってみえる人もいる,というほど
レーシック視力回復手術の効果はすごいものがあります。

このように,レーシックという視力回復手術の視力回復の効果はすごいものがあります。
しかし,やはり手術ですので,この視力回復手術にも多少のリスクはともなうことになりますので,
レーシック視力回復手術を受ける前のカウンセリングなどで,
このリスクについてきちんと説明をうけたうえで,納得できた場合に
視力回復手術を受けると良いでしょう。

posted by 1hijinshi at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復



理学博士が伝える2週間で視力が回復する方法!アイファンタスティック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。