レーシック:視力回復研究ブログ

スポンサードリンク



スポンサードリンク

レーシック

レーシックとは,視力を回復するための手術の名前です。
レーシック手術と呼ばれるこの視力回復のための手術は,レーザーを使用した視力回復手術です。
このレーシック手術についてです。

まず,なんといってもレーシックの手術の最大の特徴は,その効果性にあります。
レーシックの手術を受けた近眼の人のうち95%以上の人が,
1.0の視力に回復したという報告があります。
また,極度の近眼でない場合には,レーシック手術をうけたことにより,1.5あたりまで
視力が回復することも多々あるそうです。
さらに,レーシックの手術の視力回復の効果は,術後すぐに見ることができるそうです。
レーシックの手術の時間は20分程度ととても短いので,
日帰りでレーシックの手術を受けることが可能です。

では,レーシックの手術はだれでも受けることができるのでしょうか。

レーシックの手術を受けられない場合はあります。
例えば,眼の疾患を持っている人は
レーシックの手術をうけることが残念ながらできません。
白内障や緑内障,結膜炎などの眼の疾患がある人は,
レーシックの手術によるリスクが高くなってしまうことから,
レーシックの手術を受けることができないことになっています。

また,視力がとても不安定な人も,レーシック手術を受けることができません。
レーシックの手術は,現在の視力を矯正するものなので,視力が不安定な場合には
レーシックの手術を受けることができないのです。


また,糖尿病や肝炎などの全身の疾患を持っている人の場合も,
レーシックの手術を受けることができません。
病気を持っていることにより,手術の後の角膜の治癒能力に問題があるせいです。
ボクシングなどの格闘技の選手も,目に打撃を受ける可能性があるために,
レーシックの手術が受けられません。
また,職業によってレーシックの手術を受けられない職業もあります。

上記のような格闘技の選手はもちろん,術後の一時的な症状により,業務に支障をきたすような
バスの運転手や電車の運転手なども,レーシックの手術を受けることができないのです。
このような職業にあたる人がレーシックの手術を受けたい場合は,医師に相談の上,
医師に判断をくだしてもらうこととなりますが,基本的には
レーシック手術を受けることは認められていないことになります。

このようなレーシック手術という視力回復手術ですが,
この手術の安全性は非常に高いと言われていて,厚生省も認可を出しているので安心です。

posted by 1hijinshi at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



理学博士が伝える2週間で視力が回復する方法!アイファンタスティック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。