レーシック 安全性:視力回復研究ブログ

スポンサードリンク



スポンサードリンク

レーシック 安全性

視力回復の手術に,レーシック手術というものがあります。
このレーシックの安全性は,どのようになっているのでしょうか。

レーシックの安全性ですが,
レーシック手術にはいくつかのリスクがあります。
しかしながら,手術を受ける前のカウンセリングなどでこれらのリスクについて
きちんと説明を受けて,レーシックの安全性を理解した上で手術に望むことが大切です。
レーシックの安全性については,国の安全機関によって認可が降りているということからも,
レーシックの安全性はそれほど心配するものではない,ということになります。
中でも,アメリカでのレーシックの利用率は年間200万人という多さで,そのことからも
レーシックの安全性は高いものだということがわかります。

レーシックの手術は屈折矯正手術とも呼ばれていて,
このレーシックの安全性は厚生省も認可を出しています。
もちろん,レーシックの安全性は高いとはいえ,手術となりますので,
100%絶対に安全であるということは言い切ることはできません。
しかし,数ある近視の矯正手術の中で,このレーシックの安全性は一番高いものとされていて,
初期の頃に出ていたトラブルも,現在は改善されているので,
レーシックの安全性はかなり高いと思って間違いないでしょう。

レーシックの手術では,12種類の合併症の発生する可能性があります。
しかし,これらの合併症の中でも,発生する可能性が高いものは治療もしやすいそうで,
逆に,治療しにくいものは発生する可能性もとても低いそうです。
このことからも,レーシックの安全性が極めて高いということがわかります。

レーシックの安全性が高いのはわかりましたが,
レーシック手術とは受けやすい手術なのでしょうか。

レーシック手術の手術時間は,大体両目で20分程度です。
そして,手術を受けた後は1時間ほどで,帰宅が可能です。
また,近視の人の95%の人の視力が1.0くらいまで回復することがわかっています。
レーシックの手術は,安全性が高いだけでなく,手術自体も時間が非常に短く,
日帰りも可能な手術なのです。

さらに,レーシックの手術の後,視力回復の効果がすぐに見られることも,
レーシック手術の特徴です。
早い人であれば,手術を受けた帰り道の風景が,劇的に違ってみえる,ということもあるほど,
レーシックの視力回復の効果は高いだけではなく,速効性を持つものだといえます。
このようなレーシック手術は,これからも人気のある視力回復手術となっていくでしょう。

posted by 1hijinshi at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95498763
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



理学博士が伝える2週間で視力が回復する方法!アイファンタスティック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。