遺伝と環境:視力回復研究ブログ

スポンサードリンク



スポンサードリンク

遺伝と環境

近視の原因ははっきりしておらず様々な説が出されています。

有力なものに遺伝説と環境説がありますが、
全ての近視の原因を遺伝だけ、
あるいは環境だけで説明しようとすると無理が出るので、
遺伝と環境が複雑に絡み合って近視が発生するのだろう
とされています。

近視の遺伝率は89%と高率で、
近年の研究で関連する遺伝子も特定されてきました。

双生児の研究ではPAX6遺伝子の欠陥が近視と関連しているように
おもわれます。

遺伝説では、
何歳のときに近視になり始め、何歳までにどこまで進行するかが
生まれつき決まっていると考えられています。

近視は通常8歳から12歳までの間に発現し、
殆どの場合青年期を通じて徐々に進行し、
成人になると頭打ちになります。


全ての近視を遺伝だけで説明することは難しいけれど、
長時間勉強や読書をする人に近視が多いというのは
多くの人が感じる傾向です。

遺伝だけで説明しようとすれば、この傾向は、
近視の人のほうが近くを楽に見られるために勉強や読書が長続き
しやすい傾向から来るのだということになります。

近くを見る際に近視用眼鏡を外せば楽に見られるし、
たとえ眼鏡をかけたままでも、潜在的な遠視者よりは
楽に見られるというわけです。

posted by 1hijinshi at 18:58 | 視力回復



理学博士が伝える2週間で視力が回復する方法!アイファンタスティック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。