近視レーザー手術のメリットとデメリット:視力回復研究ブログ

スポンサードリンク



スポンサードリンク

近視レーザー手術のメリットとデメリット



メリットとデメリットをよく理解してから、
近視のレーザー手術を受けるべきでしょう。

コンタクトレンズや眼鏡を使わずとも
日常生活を支障なく送ることができることが、
近視レーザー手術を受ける最大の魅力です。

コンタクトレンズは維持にお金がかかるものですし、
コンタクトも眼鏡もそれなりに値段の張る買い物ですが、近視レーザー手術を受ければ視力矯正具は使わなくなります。


手術中の痛みはほとんど感じることはありませんし、
ごく短い時間で終わらせることができます。
近視レーザー手術は、ほぼ失敗するということはなく
合併症の心配もありません。

半永久的に近視を直したい時には、
近視レーザー手術はうってつけといえます。


近視レーザー手術には、反対にデメリットもあります。

近視レーザー手術は
病気や目の状態によっては手術を受けられない人がいます。
また、どんな人でも一様に効果が出るわけではありません。

目に対する外科手術なので、
失明とまではいかなくとも、執刀医や病院の選び方を間違うと
万が一でもうまくいかないこともありえます。

また、近視レーザー手術は
広まりはじめてからまだ時間が経っていないので、
術後長時間経過するとどうなるかがはっきりしていません。

近視レーザーによる手術は費用が高いのもデメリットで、
保険が利きませんので、平均して10万円前後から50万円ほど
かかることもあるようです。

近視レーザー手術には
さまざまなメリット・デメリットがありますので、
よく比較検討して本当に自分にこの手術が必要なのか
判断する必要があるでしょう。

posted by 1hijinshi at 19:47 | 視力回復



理学博士が伝える2週間で視力が回復する方法!アイファンタスティック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。